アドセンスを始めるなら王道教材を買った方がコスパがいい、という話。

目安時間 6分

アドセンスを始めるなら王道教材を買った方がコスパがいい、という話。



コロナ、相変わらず猛威を奮っていますね〜(T_T)


困窮家庭に最大30万円支給ってニュースにもなってましたが、
ほとんどの家庭がコロナで影響を得けてるやろ〜。
(だから何度でもください、給付金^^)


と、望み薄なことをうだうだ考えるよりも
自分で在宅で稼ぎたい!という方がとても多くて、
私の元にも色々と相談が来ているのですが、


「それならブログを書けば良いじゃない?!」


ということで、ブログでアドセンス報酬を狙いましょう
とお答えしています。


アドセンス始めるの、ほぼタダでできますからね^^


実はちょっと前までは、無料で始めることができたのだけど、
今はアドセンスの規約が厳しくなって、
アメブロとかの無料ブログではで審査が
降りなくなってしまってるんだよね。

ドメイン代とサーバー代がかかるから、
【完全無料】とは言えないけど、
それでも月1,000円くらいで始められるから
始めやすい副業と言えるんじゃないかな?



でも、いざ始めよう!って頑張ってみても
ほとんどの人が自分一人では続かないもの。


だってブログをどうやって作ればいいか?


どんな記事を書けばいいか?


アドセンス広告ってどうやって貼れば良いのか?


ま〜ったくわからないもんね。


アドセンスってほぼ無料で始められるって言っても、
自分でイチから調べて、ブログ立ち上げてっていうのは
よっぽどの情熱がないと続けられない。ムリ。。


もう、いい!や〜めた!

やっぱり私にはブログで稼ぐなんてムリなんだ!

って挫折してしまう人が本当に多くて、
そういう人でもブログで稼げる方法を教えてあげられないのか?!
って、ず〜〜っともんもんと考えてました。


やっぱりね、最初にお金がかかっても


アドセンスの王道教材(教科書)を買って始めた方が圧倒的に早い!!


これ、ちょっと言いにくいけど事実なんだよね。



私がやって成果が出た、稼げる方法を手取り足取り
イチから十までぜ〜んぶ教えてあげることは不可能!


でもアドセンスの王道教材(教科書)なら


ブログの作り方から広告の貼り方、


どんな記事を書いて


どのようにブログを運営していけば良いのか?


がぜ〜んぶ書いてある。


教材販売者さんが


●実践者さんがつまづきやすい所


とか


●わからない所


とかを自分の体験から文章・画像にして教えてくれてるから、
そのとおりに進めていけば、ほぼステップ・バイ・ステップで流れるように
ブログが出来上がって記事が投稿できて広告が貼れるようになってる。


稼げてない時は、


お金が欲しいと思っている時は、


必要以上にお金を使いたくなくて
少しでも安く、できたら無料でやりたい、教えて欲しい。


みんなそう思うし、私もそう思っていた。


けど、成果を出せた今になって思えば、
アドセンスの王道教材(教科書)を買わず、
無料情報ばかりで実践していたら
きっと私は挫折して、在宅で稼げていなかったかもしれないと思います。


回り道しないで、在宅で少しでも早く成果を出したいなら

間違いなく、ケチらずに王道教材を買った方が良いよ。

ということで私の読者さんが少しでも確実に成果が出せるように、
時代にマッチしたしっかりしたアドセンス王道教材を
いま一生懸命吟味中です^^


もう少ししたら情報解禁できると思いますので楽しみにしていて下さいね。


それではまた。

この記事に関連する記事一覧

   葉月プロフィール
   葉月プロフィール

© NIGAOE MAKER


こんにちは。管理人の葉月です。

★2015年2月末よりアドセンス開始

★2015年8月1ブログで6万円達成!

★サイトアフィリでも月7万円達成!

★2016年10月・月15万円達成!

その後も、楽天アフィリ・
サイトアフィリで
収益アップ中です^^


詳しいプロフィールはコチラ


好きな事をして月に20万円稼ぐ方法!
好きな事をして月に20万円稼ぐ方法!


ブログ(アドセンス)の教科書が

パワーアップして帰ってきました!

在宅・好きなことで稼げる最新の方法を

詳しく教えてくれています^^

【内容確認済み】

   葉月オススメ教材
   葉月オススメ教材


>> 楽Pressレビューはこちら


1ブログを1日1記事更新で
月収10万円!

最も簡単な稼ぎ方

【購入・実践済み】


   葉月オシ教材
   葉月オシ教材

最高のアドセンスの王道マニュアル
だったのですが

作者死亡の為 販売中止になりました。

【購入・実践済み】


良く読まれている記事♪
葉月のTwitter
カテゴリー